入社のきっかけと新人時代の思い出

入社のきっかけは、アクトシティ浜松のイベントホール等で行われている企業ガイダンスに行ったところ、日本デジコムは独特な和やかな雰囲気があって印象に残ったんです。声をかけてくれた営業の方が気さくで話しやすかったこともあって、「この会社なら自分がやりたいことが出来て、融通もききそう!」と直感しました。ちょうどITが注目され始めた頃に専門学校を卒業して日本デジコムに入社しましたが、学校の授業で習った専門用語やプログラム開発の基礎知識と、実際にプロとして仕事をするのに必要な知識の中身が全然違いました。学校で得た専門用語等の知識がある分、とっかかりは早いのですが、私の場合はカンが悪く、仕事と授業の違いに苦労しました。右も左も解らない入社一年目をなんとか乗り切れたのは、先輩や上司が厳しいながらも新人をしっかり教育してくれたからだと思います。作業の手順や、知るべき知識について段階を踏んで粘り強く教え導いてくれるので、心強かったのを覚えています。正直、出来る上司からのプレッシャーは凄まじいものがありましたが、今では良い思い出かな? そんな下を育てる環境がしっかりしているので、入社時に始めてプログラムについて学ぶ初心者も、半年もすれば情報系の大学や専門学校出身者と肩を並べるほどに成長しますよ。



今、任されている仕事内容

img_itw01_01今の職種はプログラマー…、と言うか私達プログラマーはある程度経験を積んだ後にSEにキャリアアップしていくケースが多いのですが、現在はプログラマーとSEの中間的な役割をしています。お客様の所に出向いて、どんなシステムを必要としているか要望を聞き、それをシステム化する為にはどう設計すれば良いかを考え、同じプロジェクトを任されているチームのプログラマーに設計書を渡してシステムを作るのが主な業務内容です。プログラマーに指示を出す時に問題が発生することも多く、お客様にシステム設計を2パターン提示してどちらか一つを選んでもらい、決まった方のシステムを組むのですが、完成した物を見た後で「やっぱりもう少し変更したい。」と言われる…なんてのは日常茶飯事です。完成したプログラムを会社に持ち帰り、プログラマーに「システムの設計変更をお願いします。」と伝えるのは断腸の思いなのですが、みんな優しいから快く引き受けてくれるんですよね。こうした職場の雰囲気には本当に助けられています。



これからやっていきたい仕事

今後はシステム設計をやっていく上で、大規模なプロジェクトも任されるほどに成長できればと思います。大きいシステムになるとどんなシステムと連携できるのか、どんな設定にしようかと考えるとワクワクしますね。今は、企業間の電子商取引を行うビジネス形態B2Bと言うシステムを組んでいますが、最近気に入って使っているのが、マイクロソフト社のVB.NETです。自分がやりたいプログラムを一から組まなくても、ある程度準備されたひな形、.NETフレームワークでプログラミング出来る便利さが個人的に好きですね。ほかにもCやJavaなど様々な言語があり、文法が違うだけでやりたいことはどのプログラム言語でも実現可能なんですが、私が得意なのはVB.NETです。仕事を楽しくスムーズにこなす為にも、自分が得意とする言語を見つけるのはオススメです。