仕事の内容と職場の雰囲気

日本デジコムにはコンピューター関連の専門学校を卒業後に始めて入った会社であり、創立から在籍している自分の居場所です。入社当初はプログラマーとして仕事をこなし、現在はプログラマーとSEの両方を行いながら保守の作業もこなしています。保守の仕事はお客様のところに出向いてサポートすることが多く、社外の方と接する機会があって新鮮ですね。中小企業や個人店などお客様のジャンルも様々なので、色々な立場の人に会えるのも魅力です。そういった仕事内容ということもあり、多くの会社を見てきましたが、当社の雰囲気は客観的に見ても明るく居心地が良いと思います。プログラマーやSEの仕事というと、パソコン画面と向かい合って淡々と仕事をこなす…というイメージが強いかと思いますが、時には賑やかなほどにハツラツと仕事をする人が多いのも当社の特徴ですね。専門学校を出てある程度の知識は持っていたのですが、入社当初はシステム開発の仕事をこなしていく中で、色々な苦労がありました。親機となるマシンに端末のパソコンを相互接続し、社内などの限られた空間でデータを共有するクラサバ(クライアントサーバーシステム)の知識しかなかった為に、インターネット上に接続されているパソコンを利用して誰もが情報を閲覧できるウェブの仕事を任された時は本当に困りました。でも、こうした問題が起きた時に詳しい人にサポートしてもらいながら困難を解決し、自分も勉強出来た事は、後に大きな糧になりました。困った時に相談しやすい雰囲気なのは、社内みんなが仲が良いというのもあります。自分以外でもこの会社の雰囲気に助けられた人も多いのでは?

 

 

  

この業界に入ったきっかけ

ph_se01_02自分が始めてパソコンに興味を持ったのは、高校生の頃、身近でパソコンを所有している人がいて、ゲームのハードとして使ったり、簡単なお絵描きソフトを自分でプログラムしたりと「遊び道具の一つとして面白いな」と思ったのがきっかけです。今のパソコンのように簡単にインターネットに繋がる物ではありませんでしたが、パソコンに魅力を感じて専門学校へと進み、そこで本格的にプログラムを組むことが好きになりました。卒業が近くなった時、これを仕事に出来たらと思ってこの業界に入りましたが、学校で習った事は時間が経てばどんどん変化していく事を実感しました。学校の授業で得た知識や技術よりも、現場で覚えることの方が多く、プログラム言語などは会社に入ってから覚えた数の方が遥かに多いですね。でも、好きなことを仕事にした分、新しい知識を覚えるのが新鮮なのは我ながら得だと思います。

  

今後求められる人材

最近はクライアントコンピュータに対して様々な機能やデータを提供する「サーバー」を触る機会が増えてきたので、これについての知識を率先して学んでいる人は心強い戦力ですね。保守の仕事も増えているので、常にお客様に新しい技術を持って接する為にも、勤勉で新しい知識を吸収し続ける粘り強さがある人も必要です。また、問題が起こった時に別の視点からも原因を追求する頭の柔らかさがある人は、シミュレーションが浮かびやすく解決も早いと思います。いろいろなことに興味を持ったり趣味を見つけるのも、自分から調べるクセがついていいかもしれません。私はバイクが趣味なのですが、休日には愛車のバイクYZF-R6でツーリングするとリフレッシュも出来ていいですよ。